インターネット接続設定を様々なケースからみて全体像を把握(パソコン編)- パソコン初心者のインターネット接続設定と自己解決【2】

スポンサードリンク
 

目次

1:「インターネット回線事業者」と「プロバイダー(ISP)」の関係(パソコン編) からの続き

2:インターネット接続設定を様々なケースからみて全体像を把握(パソコン編)
2-1:プロバイダー(ISP)の接続用ID・パスワードはどこに設定するか
2-2:パソコン初心者がぱっと見、ルーター機能付きか無しかを見分ける方法
2-3:ケーブルテレビのケーブルモデムは特殊です

3:プロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」をパソコンまたはルーター(機能付き機器)に設定 (次ページに続く)

 

スポンサードリンク



 

2:インターネット接続設定を様々なケースからみて全体像を把握(パソコン編)

無線ではなく、LANケーブルをパソコンにつないで接続する方法で説明していきます。

 

プロバイダー(ISP)の接続用ID・パスワードはどこに設定するか

大概は、プロバイダー(ISP)の「接続用ID」と「接続用パスワード」(呼び方はISPによって違います)さえ設定すればインターネットに繋がります。
(ISPの「接続用ID・パスワード」設定以外に、パソコンの状態によってはパソコンの微調整が必要な場合もあります。)

 

※ 備考
契約している回線によってはISPの「接続用ID・パスワード」設定以外に、回線の「ID・(パスワード)」設定が必要なものもまれにあります。NTT西日本の「フレッツ・光プレミアム」で使う機器「CTU」がそれにあたります。
ISPの「接続用ID」に相当する認証IDだけ設定すればいいものもまれにあります。
ISPの「接続用ID・パスワード」が不要なものもあります。
マニュアル通り配線して電源を入れれば自動設定できる機器を送ってくるところもあります。
まずは基本の、ISPの「接続用IDとパスワード」を設定するパターンで説明をしていきたいと思います。それがわかればその他のパターンは応用しやすいと思います。

 

では、どこにプロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定するのでしょうか。

その前に、パソコンと機器との配線について、説明させて下さい。

 

● 光回線の場合、壁の穴とパソコンを直接LANケーブルで繋ぐケースもありますが、
大概は、
「端子がすくない契約回線専用の機器」とパソコンを直接繋ぐか、
「端子が少ない契約回線専用の機器」とパソコンの間に「ルーター(機能付き機器)(端子が多い)」を繋ぐか(「端子が少ない契約回線専用の機器」と「ルーター(機能付き機器)(端子が多い)」が一体化されて1つの「端子が多い機器」になっているものもあります)
になります。

※ ケーブルテレビのインターネットで使うケーブルモデムは特殊です。

 

● ADSL回線の場合も、
「ADSLモデム」とパソコンを直接繋ぐか
「ADSLモデム」とパソコンの間に「ルーター(機能付き機器)」を繋ぐか(「ADSLモデム」と「ルーター(機能付き機器)」が一体化されて1つの機器になっているものもあります)
になります。

 

● ダイヤルアップ回線の場合、プロバイダー(ISP)の「接続用ID」と「接続用パスワード」の他に、プロバイダー(ISP)の電話番号も設定したりする必要があります。その他にも微調整しないとインターネットに繋がらないのが一般的です。2016年現在、パソコン初心者がダイヤルアップをわざわざ使う状況はほぼないので、ダイヤルアップ回線については詳しくは述べず、全体を知る上で必要な場合にだけふれていきたいと思います。

ダイヤルアップ回線の場合も
「ダイヤルアップモデム」とパソコンを繋ぐか
「ダイヤルアップモデム」とパソコンの間に「ルーター」をはさむか
は他の回線と同じです。

 

要するに、「光回線」も「ADSL回線」も「ダイヤルアップ回線」も、プロバイダー(ISP)の「接続用ID」「接続用パスワード」を「パソコン」に設定するか「ルーター(機能付き機器)」に設定するか、選択肢があるわけです。

「ルーター(機能付き機器)」がなければ、「パソコン」に設定するしかありません。

「ルーター(機能付き機器)」と「パソコン」両方にプロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定することはできません。「ルーター(機能付き機器)」に設定するか「パソコン」に設定するか、どちらか1箇所にしか設定できません。
「ルーター(機能付き機器)」とパソコンの両方にプロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定すると(「ルーター(機能付き機器)」「パソコン」のどちらの設定も有効な状態にすると)インターネットには接続できません。

 

「ルーター(機能付き機器)」にプロバイダー(ISP)の「接続ID・パスワード」を設定する場合で、「ルーター(機能付き機器)」を2台繋げる時は、どちらかひとつの「ルーター(機能付き機器)」にしかプロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」は設定できません。
そして、プロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定した「ルーター(機能付き機器)」のルーター機能はONにし、
プロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定していない「ルーター(機能付き機器)」のルーター機能はOFFにしておく必要があります。
要は、再度になりますが、プロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定する場所は1箇所だけということです。

 

ということで、まずは、用意された機器に「ルーター機能」が付いたものがあるのかないのかが判断できなければ設定に進めません。

 

 

パソコン初心者がぱっと見、ルーター機能付き無しかを見分ける方法

的確な判断方法ではありませんが、2016年現在、下記のように検討つけてほぼほぼ間違いないと思います。

 

「ルーター」や光回線の「ルーター機能付き機器」は、下記写真の様にLANケーブルをさせる穴が沢山あります。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e6%a9%9f%e8%83%bd%e4%bb%98%e3%81%8d%e6%a9%9f%e5%99%a8

 

LANケーブルがさせる穴のことを「LANポート」といいます。或いは、「LAN端子」といいます。このLANポートが4~5個以上あり、かつ、PPPランプがあれば、光回線の場合、ルーター機能付きと判断して間違いありません。

わかりづらいのが、「PPPランプ」がないものだったり、「LANポート」が1~2個しかないものの場合です。

下記に記載してますことをお読みになれば、大概は間違いなく判断頂けるかと思います。

 

ルーター機能がない光回線の「端子が少ない契約回線専用の機器」は、下記写真のようにLANケーブルがさせる穴が1~2個です。

vdsl%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%80%80%e5%9b%9e%e7%b7%9a%e7%b5%82%e7%ab%af%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%80%80%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%95%b0%e3%80%80%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e6%b8%88%e3%81%bf赤丸がLAN端子(LANポート)、黄丸が電話端子(モジュラージャック)です。

光回線の「端子が少ない契約回線用の機器」としては、「VDSL装置」や「回線終端装置」といわれるものなどがあります。

 

%e6%8e%a7%e3%81%88%e7%9b%ae%e3%81%aa%e8%9d%b6%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

 

光回線の場合、パソコン初心者が「ルーター(機能付き機器)」か「ルーター(機能付き機器」でないかをみわける方法としては、LANケーブルをさせる穴が1~2個か、それとも、4~5個以上あるかが一番わかりやすいと思います。

Unicode

モジュラーケーブル(電話線)と形が似ていますので間違わないようにして下さいね。
モジュラーケーブル用の端子とLANケーブル用の端子とでは、大きさが違います。
上の写真の大きい端子(青のケーブル)の方がLANケーブル、小さい端子(グレーのケーブル)の方がモジュラーケーブル(電話線)です。

モジュラー端子ではなくLAN端子が1~2個か4~5個以上あるかどうかです。

 

ADSL回線の場合、ルーター機能付きADSLモデムでも、LAN端子が1つしかないものが多いです。

ADSL回線の場合は、機器のランプに「PPP」ランプがあればルーター機能付き、「PPP」ランプがなければただのADSLモデムと判断するのがわかりやすいと思います。(機器によっては「PPP」ではなく別の名称を付けているいる場合がありますが、多くは「PPP」と表記されています)

adsl%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%a0%e3%80%80ppp%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97

左がルーター機能付きADSLモデム、右がルーター機能は付いていないただのADSLモデムです。

 

ケーブルテレビのインターネットで使うケーブルモデムは特殊です

最近は、LANポートが4~5個ほどあるケーブルモデムが初めから貸与されたりしますが、以前は、LANポートは1つで、パソコン1台しか接続できず、パソコン2台で同時にインターネットしたければ、市販のルーターを購入するのではなく、2台目の契約を追加料金を払ってしないといけないようなものが一般的でした。もしかしたら、2016年現在でも、2台目は追加契約&追加料金が必要というケーブルテレビ会社があるかもしれません。

LANポートが1つのケーブルモデムが貸与された場合でパソコンを2台以上繋げたい時は、先走って市販のルーターを買ってしまわず、まずは契約しているケーブルテレビ会社に確認しましょう。(最近は市販のルーターを配線するのが一般的ですが、市販のルーターが使えない場合があるかもしれませんので)

ケーブルモデムもADSLモデム同様、LANポートが1つの機器でもルーター機能付きのものもあるようです。しかし、ルーター機能付きケーブルモデムでも「PPP」ランプがないと思います。

LANポートが1つしかなく、ケーブルモデムがルーター機能付きかどうかをお知りになりたい場合は、契約されてるケーブルテレビ会社に確認されるのがはやいかと思います。

全てのケーブルテレビ会社がどうなのかはわかりませんが、私の知っている範囲では、インターネット接続設定をするにあたり設定する「接続ID」「接続PW」自体が知らされません。ルーター機能付きケーブルモデムでも「接続ID」「接続パスワード」を入力する画面自体がありません。「接続ID」「接続パスワード」が不要なのです。

LANケーブルでパソコンとケーブルモデムを繋ぐだけでインターネット接続設定完了です。

よって、ケーブルテレビのインターネットの場合、パソコンに「接続ID」「接続パスワード」を設定するという選択はできないのです。

 

 

では、次ページで、プロバイダー(ISP)の「接続用ID」「接続用パスワード」をパソコンまたはルーター(機能付き機器)に設定するとはどういうことか説明していきます。

3:プロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」をパソコンまたはルーター(機能付き機器)に設定

 

 

スポンサードリンク

関連記事

SIMフリースマホ AS01M 工場出荷時インストール済みアプリ

AS01M アプリ画面 「McAfee Security」「LaLa Call」「株roid」は、

記事を読む

まぎらわしい「WiMAX」の様々な「モード」

  投稿:2017年2月12日 WiMAXで使われる様々な【モード】という単語

記事を読む

Microsoftサイトのメディア作成ツールでWindows10のメディアを作成【画面ショット】 3 DVD編

【DVDに作成】   【パソコンに直接ダウンロード】はこちら 【USBに作成

記事を読む

Microsoftサイトのメディア作成ツールでWindows10のメディアを作成【画面ショット】 2 パソコンに直接編

【パソコンに直接ダウンロードで作成】   【DVDに作成】はこちら 【USB

記事を読む

LenovoG550の初期化 OneKeyRecovery アイコンもボタンもNG 

2016年7月31日 Windows10からWindows7に戻せたものの、パソコンが初期化できな

記事を読む

Windows7からWindows10にアップグレードされて困ったこと       PublicFolder(パブリックフォルダー)

パソコンの使い勝手が変わるのが嫌で、Windows10への無料アップグレード画面は、×印で閉じるよう

記事を読む

WiMAX 機器比較(W04・WX03・W03・WX02・L01・novasHome+CA)

  目次 ●前書き ●Speed Wi-Fi NEXT W04 ●Spee

記事を読む

「インターネット回線事業者」と「プロバイダー(ISP)」の関係(パソコン編)ー パソコン初心者のインターネット接続設定と自己解決【1】

  最近は、インターネット接続業者、接続機器、通信形態、契約形態等々様々で、昔からイ

記事を読む

Polaroid(ポラロイド) pigu SIMの接続初期設定(モバイルデータ通信接続初期設定):OCNモバイルONE SIMフリースマホ

初めてのSIMフリースマホ Polaroid Pigu(ポラロイド ピグ)で、電話・インターネット

記事を読む

050plus設定 + 留守番電話設定 Polaroid(ポラロイド) Pigu(SIMフリースマホ)編

OCNモバイルONE(音声対応SIM)に無料で付いてくる050plus(IP電話)をSIMフリースマ

記事を読む

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑