WiMAX 通信モード誤表示 ⇒ LTEオプション料金が課金されていなければいいが。。。

スポンサードリンク
 

無用な「LTEオプション」課金はさけたい

最近主流のWiMAX通信モードは、「WiMAX2+」です。

下りの最大速度が、220Mbps または 110Mbps です。

その「WiMAX2+」には、月間データ容量7GBまでの制限があるものと7GB制限が無いものとがあります。

7GBの制限があるものは、約700円ほど月額料が安くなります。

しかし、7GB制限で使いものにならないインターネット状態になっても困るので、ここはあまりケチろうとは思わないところです。

 

wimax%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%ef%bc%92

 

それとは違って、約1000円/月ほど余計に課金されてしまう「LTEオプション」は、どうしても「LTE」の電波しか入らず、そんな状況でもインターネット接続をしなければならない時だけの使用にとどめたいものです。

というより、絶対、接続したくないものです。

なぜなら、

ちょっとでも「LTE」で接続してしまったり、

電波状態によって「LTE」と「WiMAX2+」が自動で接続されて使える「ハイスピードプラスエリア」モードでちょっとでも接続してしまったりすると、

その月は「LTEオプション」が約1000円ほど課金され、

月間7GBの制限無しの「ギガ放題コース」で使っていても、

「LTE」か「ハイスピードプラスエリア」モードでの通信が7GBを超えると、その月の終わりまで「LTE」通信のみならず、「WiMAX2+」通信も速度制限されてしまうからです。

「LTE」か「ハイスピードプラスエリア」モードで7GBを超えてしまうと、「LTE」通信ができない「ハイスピードモード」に切り替えて、ギガ放題コースの「WiMAX2+」を使おうとしても、速度制限されてしまうようなのです。

(※ ギガ放題コースでも、直近3日で3GB超えた場合の速度制限はあります)

 

私はこのように認識しておりますが、一応、UQコミュニケーションズのサイトの文面を記載しておきます。↓↓↓

ハイスピードモードの「WiMAX2+」通信において、月間データ通信量による速度制限はありません。ただし、LTEオプション対応機種にて、「ハイスピードプラスエリアモード」での「WiMAX2+」および「au 4G LTE」の当月の通信量の合計が7GB以上となった場合、当月末までの「WiMAX2+」および「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsとなります。なお、この制限が適用された後は「ハイスピードモード」の「WiMAX2+」通信もその制限の対象となります。

 

 

「LTE」接続されないように設定しているのに、「LTE」の表示がディスプレイに!!

機器不具合なのか、誤表示なのか

wimax%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%ef%bc%91

 

赤丸2「通信モード設定」をタップすると、下記画面になり、「ハイスピードモード」か「ハイスピードプラスエリアモード」を設定できるようになっています。(機種によって違います)

「ハイスピードプラスエリア」で設定しておくと、「LTE」通信ができますが、約1000円/月が課金され、「ハイスピードプラスエリア」に設定した状態で通信量が7GBを超えると、「ハイスピード」に設定しなおして「WiMAX2+」で通信しようとしても速度制限されてしまうわけです。

 

wimax%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%ef%bc%92

 

なので、私は、「ハイスピードプラスエリア」のラジオボタンを選択しないようにしています。

なのに、赤丸1の部分が「WX2+ HS」ではなく「LTE」と表示される時があるのです。

しかも、電波強弱マークが1~3本たった状態で。

旅先で、電波強弱マークがいつもより長くグルグルまわって電波をつかもうとがんばっているなあと感じた後に何回か目にしたように思います。

少し気になりつつも、「LTE」対応のWiMAX機器を購入して間もない頃だったので、電波状態が悪い場所でWiMAX機器の電源を入れると、そのような表示になるのかも、と思っていました。

「LTEオプション」料金の請求もないので、もしかしたら、見間違いだったかも、とも思っていました。

ところが、この間、しっかりと、赤丸1部分に「WX2+ HS」ではなく「LTE」の表示を目にしました。

今までとは違って、少々長い時間(とはいっても移動していたので数秒ほどですが)、しっかりと「LTE」の表示を目にしました。

しかも、数回。

念のため「通信モード設定」を確認したところ、ちゃんと「ハイスピード」モードが選択されていました。

後日、WiMAX契約会社に、手続き系の問い合わせをしたついでに、「LTE」接続されてしまっているかたずねたところ、「今月、LTE接続の履歴がある」とのこと。

「約1000円が課金されるってこと?」とたずねると

「はい。。。」との返答が。

「WiMAX機器の故障」か「システム上の問題」なのかこちらでは詳しくはわからず対応もできないので、技術サポートに架けなおしてくれと言われました。

「ハイスピード」モードが選択されているのに、「LTEオプション」約1000円を請求されたら、たまったもんじゃありません(@@)

技術サポートに電話したところ、「今月のお客様のLTE通信量は0キロバイトですので、LTEオプションの課金はありません」との返答を頂きました。

ちょっとでも「LTE」や「ハイスピードプラスエリア」モードで接続したら課金が発生するといわれている「LTEオプション」料金ですが、どういう基準で判定しているのでしょうね。

技術サポートの人の話では、「通信モード設定」で「ハイスピード」モードを選択していたら、「LTE」電波しか届かない場所でもディスプレイには「LTE」の表示はされてこないとのこと。

WiMAX機器の誤表示かなんなのか現時点でははっきりしないが、「LTEオプション」の課金は発生していないとのことでした。

これからWiMAXを契約する人は、初期不良対応期間に、「LTE」電波しか入らない場所でディスプレイ表示がどうなるか確認しておいた方が安全かも。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

パソコン側の無線接続設定 ー パソコン初心者の無線接続設定【3】

  無線ルーター側で暗号化を含む無線の設定が完了したら、次はパソコン側での無線設定に

記事を読む

Windows Update 「更新プログラムを確認しています」から先に進まず Windowsの脆弱性は大丈夫?

  Windows7パソコンを初期化したら、Windows Updateが「更新プロ

記事を読む

Polaroid(ポラロイド) pigu 初期化後のSIM設定 (SIMフリーフマホ)

Polaroid(ポラロイド)pigu  初期化直後のSIM(OCNモバイルONE)の設定 「Po

記事を読む

格安SIMフリースマホ arp AS01M で LaLaCallは使えるか

arp AS01M(android 5.1) の良さ LaLaCallサイトの「LaLaCall動

記事を読む

WEP・WPA・TKIP・AESのセキュリティ度 ー パソコン初心者の無線接続設定【1】

目次 【1】無線の「認証方法・暗号化方法」の種類 ・・一般の無線設定で厳密な分類は不要 ・

記事を読む

no image

初期契約解除制度とは

  昨今の通信業界のややこしさは、目に余るものがあります。 通信関係の仕事をし

記事を読む

AS01M(android5.1)の電池持ち

android5.1の格安SIMフリースマートフォン「AS01M」の電池の持ち、結構良いみたいです。

記事を読む

LenovoG550 自作リカバリーDVDで初期化

2016年7月31日 LenovoG550の初期化 「OneKey Recovery」アイコン

記事を読む

Windows7でセキュリティーソフトMcAfee(マカフィー)が動作してない?! アンインストールも再インストールもできずDLLのエラーメッセージ

目次 Windows7の「WindowsUpdate」が古いとMcAfee(マカフィー)は動作

記事を読む

PPPoE接続設定 ー パソコン初心者向け

  パソコンにプロバイダー(ISP)の「接続用ID・パスワード」を設定する方法をWi

記事を読む

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑