水戸偕楽園・弘道館と千波湖畔散策 徒歩で観光 - 2017年夜梅祭り

スポンサードリンク
 

目次

●水戸駅から弘道館への道
●弘道館の写真
●弘道館から偕楽園への行き方いろいろ(観光ができ、交通費不要のコース)
●千波湖湖畔の写真
●偕楽園への入口
●偕楽園・好文亭・夜梅祭の写真

スポンサードリンク



 

ブラタモリを観て、弘道館と偕楽園に行きたくなった人も多いのではないでしょうか。

まずは、弘道館から。

 

JR水戸駅から弘道館へ

JR常磐線 水戸駅北口 まずは「助さん・格さん・水戸黄門像」をめがけて歩きます。

「助さん・格さん・水戸黄門像」から更に北西方向の歩道橋上に「水戸黄門お一人の大きな像」が見えますので、そちらに向かって歩きます。

「水戸黄門様お一人の大きな像」辺りからは、いろいろな方向に延びている道路が見えます。

地図ではわかりづらいので、弘道館へ通じる道の写真(googleより拝借)を下記に載せておきます。

右手に「三の丸ホテル」が見える赤丸の道です。

 

水戸観光のパンフレットの地図 (赤丸1が上記google写真の赤丸です)

 

赤丸1の道をまっすぐ行くと、下記写真「歩道橋」が見えてきます。
歩道橋下の階段を登れば、弘道館入り口が見えてきます。

 


弘道館

 

2017年3月11日、梅は満開のピークを過ぎた感じで、近くで見て綺麗な梅が少なかったのが残念。

 

 

先生になった気分で、かつて生徒が競技した場所を見てみます。

 

 

弘道館から偕楽園へ (観光ができ、交通費不要のコース)

梅祭りの間の土日祝日は、無料のボンネットバスが観光地を巡回しています。

弘道館入口近くに無料巡回ボンネットバス(助さん号)のバス亭があり、「弘道館⇒京成百貨店⇒偕楽園」と行ってくれます。

しかし、1時間1本ペースで、偕楽園バス亭は偕楽園表門ではありません

弘道館発時刻:10:05  11:20  12:35  13:45  14:50  15:55

 

JR常磐線「偕楽園駅」は、梅祭り期間の土日祝日だけの臨時駅で、東京方面から水戸方面へ向かう下り電車しか停車しません。
終電は、2017年の時刻表で15:25です。偕楽園から電車で帰りたい人は早めに退散必須です。

 

正式な見学ルートは偕楽園表門からとのことですが、偕楽園表門に近いバス停に止まる路線バスを探すのも面倒、また、バス停から偕楽園表門までの間ただの住宅街を歩くことになります。

それだったら、適当な門から偕楽園内に一旦入り、偕楽園表門から一度出て、再度、偕楽園表門から入りなおして陰陽を楽しみ、偕楽園への行き帰りは千波湖湖畔を散策というコースも良いのではと思います。

 

水戸駅と偕楽園間を歩く時は、常磐線を挟んで千波湖側を歩くこと。

くれぐれも、常磐線を挟んで偕楽園側は歩かないように。
偕楽園側は、常磐線沿いに「水戸駅~偕楽園」をつなぐまっすぐな道はありません。(とんでもない大回りをするハメになります)

 

では、徒歩での道順

●水戸駅南口の歩道橋なりロータリーを通り、「駅南大橋」(赤丸1)の橋まで行きます。

●一番JR常磐線に近い最短距離を行くなら、「駅南大橋」(赤丸1)を渡らず、桜川沿いに歩きます。
「赤丸3」を通り、千波湖畔北側沿いの道を行きます。
湖畔の風情はないのでお薦めルートではありません。
(水戸駅南口から「赤丸5」まで徒歩約30分)

偕楽園から水戸駅に向かう時に当コースを歩く場合は、偕楽橋(赤丸5)歩道橋でJR常磐線を超えたら、歩道橋を途中で降りるようにしましょう。
最後まで渡ってしまうと「千波湖上の細道」か「千波湖畔南側」を歩くことになります。

●「千波湖を横断する細道」か「千波湖畔南側」を歩きたければ、「駅南大橋」(赤丸1)を渡り、桜川沿いに歩きます。
「赤丸2」の小さな橋を通り過ぎないように注意し渡ります。細い裏通りのような道ですが、道なりに歩いていくと、千波湖にでます(赤丸4)。
「千波湖を横断する細道」を歩きたければ右に、「千波湖畔南側」を歩きたければ左に行きます。
(水戸駅南口から「赤丸5」まで「湖横断細道経由」で徒歩約30分、「湖畔南側経由」で徒歩約40分)

 

桜川沿いは桜並木になっており、桜の季節だと歩くのも楽しいそうです。

千波湖畔も桜並木だったように思います(記憶がおぼろ)

千波湖畔南側ルートは、所々、波打ち際を歩けます。
湖畔ぎわ沿いではなく、車道側の道を歩けば、「県近代美術館」「千波公園」を眺めながら歩けます。

写真内に見える建物が「県近代美術館」

 

千波湖畔の写真は、千波湖南側ルートの写真です

 

 

白鳥や鴨がいます

 

 

偕楽園までもう少しです。千波湖西側、カフェや売店でにぎわってきました。

 

「偕楽橋」歩道橋を渡って、JR常磐線と大通りを越えます。

 

 


 

「好文亭表門」「南門」「東門」「御成門」がありますので、入りやすいところから入りましょう。

迷わず行けそうなら「南門」の横を通り、「好文亭表門」まで行ければベストですね。

常盤神社沿いの「東門」からが「偕楽橋」歩道橋から近くて入りやすいかもです。

「東門」と「御成門」の間にある杉並木を歩いて、「御成門」から入るのもいいですね。

杉並木の左側が偕楽園・右側が常盤神社境内

 

 

好文亭表門

 

一の木戸

 

大杉森と竹林

 

 

笹の道

 

偕楽園の中の梅林は広いですね

 

好文亭

 

好文亭からの偕楽園の眺め

 

好文亭2階からの偕楽園の眺め

 

 

 

2017年3月夜梅祭の梅ライトアップ

 

偕楽園の梅と月

 

2017年夜偕楽園梅祭りのキャンドルライトサービス

 

スポンサードリンク

関連記事

花菖蒲と紫陽花 2017年6月19日撮影の写真と共に 東京都23区内開花状況

2017年6月19日 東京都23区内で撮影の 花菖蒲と紫陽花 場所は堀切菖蒲園。色とりどりの花菖

記事を読む

紫陽花と薔薇 2017年6月11日撮影の写真と共に 東京都23区内開花状況

2017年6月11日 東京都23区内で撮影の 紫陽花と薔薇 紫陽花は見頃を迎えています。

記事を読む

JR日光線 文挾(ふばさみ)駅の杉並木(例幣使街道) 

  JR日光線沿線に見える杉並木 JR日光線に乗っていると、線路沿いの杉並木が目に入っ

記事を読む

二荒山神社 読み方がわからない 輪王寺の参拝図には… 世界遺産日光東照宮エリア

二荒山神社の読み方 読み方がよくわかりません。 二荒山神社のホームページらしきページを見ると

記事を読む

バラの開花情報 横浜 2017年5月21日  バラ園のはしご

  2017年5月21日、横浜のバラを見に行ってきました。 今が見頃のバラもあ

記事を読む

日光東照宮観光 登録有形文化財でランチ

2017年4月 投稿 目次 ●明治の館 ●日光物産商会内 カフェレストラン匠 ●金谷

記事を読む

花散歩 見頃の参考に 2017年5月 東京23区内での開花状況・見頃終り状況

  桜、チューリップの季節がすぎ、一般的に広く知られている5月に楽しめる花といえば、

記事を読む

横浜 港の見える丘公園 のバラ園 (横浜イギリス館・山手111番館) 2017年5月21日撮影写真

  「バラの開花情報 横浜2017年5月21日 バラ園のはしご」からの続き &

記事を読む

横浜 イングリッシュガーデンのバラ園 2017年5月21日撮影写真もっと

「バラの開花情報 横浜2017年5月21日 バラ園のはしご」からの続き   横

記事を読む

日光東照宮 拝観料金 2017年4月

  日光東照宮の受付の拝観料金表より   陽明門・三猿・本地堂

記事を読む

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑