Windows7でセキュリティーソフトMcAfee(マカフィー)が動作してない?! アンインストールも再インストールもできずDLLのエラーメッセージ

スポンサードリンク
 

目次

Windows7の「WindowsUpdate」が古いとMcAfee(マカフィー)は動作しないよう
McAfeeが動作しなくても動作したセキュリティソフト

 

スポンサードリンク


McAfee(マカフィー)が機能してなさそう??

Windows7でMcAfeeは、WindowsUpdateがある程度最新のものまで更新されていないと動作しない様

Window7のWindowsUpdate(Windowsの更新)がうまくいかず(できず)、Windowsの更新をせずインターネットをしていた時があります。

セキュリティソフト(McAfee)はガード強めの設定で、変なサイトにはアクセスしないようにし、ウィルスチェック(フルスキャン)は頻繁に行いながら使っておりました。

Windowsの更新をしないまま使っている期間が長くなってきて、そろそろまずいかなあ~と思っていた頃、McAfee(マカフィー)でウィルスチェックをしたところ、なんかMcAfee(マカフィー)の動作がおかしい。

 

いつもならば、何パーセント完了したか表示されるべきところが、いつまでたっても「0%」のままという事象が発生。

 

McAfeeを再インストールしようとMcAfeeのアンインストールを試みるもアンインストールできません。

「DLL」の文字を含んだエラーメッセージが出てきてアンインストールができないのです。

しかたなく、Windows7パソコンを初期化。

Windwos7の「ServicePack1」と前回WindowsUpdateがうまくいった更新プログラム(USBに保存しておいたもの)をインストールしました。

そして、早々にMcAfee(マカフィー)をインストールしようとするもMcAfeeインストールできず。

またもや、「DLL」の文字を含んだエラーメッセージ(アンインストールを試そうとした時に出てきたエラーと同じ)が出てきてインストールができないのです。

どうしたもんかと困ったことがありました。

結果、Windows7のWindowsUpdateを最新の更新プログラムまでインストールできた後にMcAfeeのインストールを試したところMcAfeeはインストールできました。McAfeeウィルスチェックも問題なく動作しましたし、McAfeeの定義ファイルも問題なく更新されました。

どうやら、McAfee(マカフィー)は、Windows7において、WindowsUpdateがある程度最新のプログラムにまで更新されていないと動作しないようです。

セキュリティソフトを購入して、パソコンにセキュリティソフトのマークがあるからといって安心せず、セキュリティソフトの動作は時折チェックした方がいいようですね。

 

 

McAfeeはインストールできなくても、KASPERSKY(カスペルスキー)はインストールできた

Windows7の「WindowsUpdate」を完璧に最新にするまでの間、セキュリティが心配です。

他のセキュリティソフトならインストールできるかもと思い、「防御力の高さ」と「軽さ」を売りにしている「KASPERSKY(カスペルスキー)」をインストールしてみたところ、WindowsUpdateがMcAfeeがインストールできないかなり古い状態であるにもかかわらずインストールできてしまいました。



WindowsUpdateがかなり古い状態で止まってしまっている状態でも、KASPERSKY(カスペルスキー)は、KASPERSKYの定義ファイルを最新のものに毎回更新し、ウィルスチェックも問題なく動作しているようです。(実際はどこまで動作しているかなんてわかりませんが)

しかしながら、銀行など金融サイトをKASPERSKY(カスペルスキー)の「保護サイト」で閲覧しようとすると「WindowsUpdateが最新でないためNG」というようなメッセージが表示されます。

WindowsUpdateが最新でないと、機能しないものが出てくるのはしかたないことですね。

KASPERSKY(カスペルスキー)の「保護サイト」を利用しなければ、金融サイトは問題なく閲覧&利用できました。

KASPERSKY(カスペルスキー)の「保護サイト」という特別なオプションが利用できないだけであって、KASPERSKY(カスペルスキー)による保護が全くされなくなるわけではなさそうです。

パソコンのWindowsUpdateを最新のものにするのにてこずり、セキュリティが心配な時は、30日間お試し版が利用できるKASPERSKY(カスペルスキー)をインストールしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

関連記事

Microsoftサイトのメディア作成ツールでWindows10のメディアを作成【画面ショット】 3 DVD編

【DVDに作成】   【パソコンに直接ダウンロード】はこちら 【USBに作成

記事を読む

パソコン初心者のための失敗しないWiMax選び 重要ポイント (転勤族、引っ越しに便利なモバイル 申込み・購入前のチェック項目)

  利用していたWiMax(昔のWiMax)が、2015年初め頃から速度が遅く感じる

記事を読む

WiMAXをUSBケーブルでパソコンにつなぐ

  大概のWiMAX機器にはUSBケーブルが付属してくると思います。 パソコン

記事を読む

とくとくBB・Biglobe・so-net・ラクーポン WiMAXの特徴を比較

投稿日:2017年2月20日 目次 ●前書き ●So-net(ソネット)のWiMAX

記事を読む

WiMAX 通信モード誤表示 ⇒ LTEオプション料金が課金されていなければいいが。。。

無用な「LTEオプション」課金はさけたい 最近主流のWiMAX通信モードは、「WiMAX2+」です

記事を読む

Microsoftサイトのメディア作成ツールでWindows10のメディアを作成【画面ショット】 1 USB編

メディア作成先によって違いがあるのか 「USB」「DVD」「パソコンに直接ダウンロード」の3パター

記事を読む

Windows7からWindows10へ勝手にアップグレード(@@) パブリックのドキュメント・ピクチャがない!パブリックフォルダーはどこへ?

Windows10へのアップグレード通知をキャンセルでやり過ごしてきましたが、ついに、なかば強制的に

記事を読む

2017年1月 セキュリティマンスリー品質ロールアップが自動で更新成功!(Windows7 WindowsUpdateができない問題)

  「Windwos7 更新プログラムを確認していますから進まない問題 パソコン初心

記事を読む

まぎらわしい「WiMAX」の様々な「モード」

  投稿:2017年2月12日 WiMAXで使われる様々な【モード】という単語

記事を読む

050plus設定 + 留守番電話設定 Polaroid(ポラロイド) Pigu(SIMフリースマホ)編

OCNモバイルONE(音声対応SIM)に無料で付いてくる050plus(IP電話)をSIMフリースマ

記事を読む

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑